yongjoonbanner.JPG

2014年09月23日

「提訴」ペ・ヨンジュン側 "有名人悪用行為...法的対応する」

20120426_1335441528_06969800_1.jpg

韓流スター、ペ・ヨンジュンが自身が大株主であった企業の紅参販売事業契約に関連して、詐欺の疑いで訴えられて中の所属事務所が公式立場を明らかにした。

ペ・ヨンジュンの所属事務所キーイーストは23日午後、「ゴジェ側の訴えは、ペ・ヨンジュンが有名人であるという点を悪用して、自分たちの主張を問題化しようとする非常に悪質な行為」と明らかにした。

ペ・ヨンジュン側はゴジェ側の訴えに関連し、「これは法理的に事件の当事者ではなく、個人を告訴した不合理な行為」とし「このような行為に対して、当社はこれをこれ以上容認しないだろうし、虚偽申告を含む法的に強力で断固とした対応することを言う」と強硬な立場を明らかにした。
また、「ペ・ヨンジュンさんはその事件の当事者でもなく、ゴジェ事件は一審判決を介して、ペ・ヨンジュン氏が大株主であるゴリラライフウェイがすべて勝訴をし​​た事件」と説明した。

キーイースト側によると、過去3ヶ月の間ゴジェ側は「ゴジェ被害者連合」という団体の人にキーイースト本社前でペ・ヨンジュンさんの個人に対する侮辱的、悪質な横断幕を投稿して毎日デモを行っている。

キーイースト側は "キーイースト本社と同じ建物の入居企業、周辺住民が騒音による大きな苦痛を経験している。これについては、すでにデモ仮処分申請を介して「今回の訴えを行った人が不快な垂れ幕をかけたりデモを行うすることができないように「法的判断が下された状態」と明らかにした。

また、ペ・ヨンジュン氏の名誉毀損的な行為をしていることについては、現在「ゴジェ被害者連合」の代表を名誉毀損で告訴して警察の調査が進行中であると明らかにした。

キーイースト側は "その事件はすでに5年が過ぎた事件であり、法的にも横領背任行為を行った」ゴジェ」の幹部がすでに法的処罰を受けた事件である。ゴジェはゴリラライフウェイとの契約に違反し、本人が商品を定期的に販売する意志なし株価操作をしようとする意図で契約をしたことがあまりにも明白に明らかになった状態だ。これにより、当時ペ・ヨンジュンさんもこれに関連して記事化がされ、多くの被害を受けた」と主張した。

キーイーストは「有名人であることを利用し、一方的な訴えだけで相手のイメージに打撃を与えることができるという考えにこれらの行為を行って、いくつかのメディアに虚偽事実の流布と拡大再生産させている点については、これ以上の有名人だという理由で放置​​しないだろう、事実ではない、すべての部分につきましては、法的に強力に対応する」との立場を仕上げました。

検察によると、ゴジェは告訴状でペ・ヨンジュンが大株主であった「ゴリラライフウェイ」と呼ばれる飲食事業者と去る2009年日本での紅参製品の販売会社契約を締結したが、ペ氏側の欺罔行為に22億ウォンの損害を見たと主張した。 両社の契約は、翌年の2010年終了した。

ゴジェは販売会社の契約に基づいてゴリラライフウェイに市場調査などの名目で22億ウォンを支給したが、このお金が本来の目的に使用されていなかったと主張したと伝えられた。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。