yongjoonbanner.JPG

2014年09月26日

イ・ビョンホン・ペ・ヨンジュン・イ・ヨンエ、元祖韓流スターは人気の?

1411517965260_1_100604.jpg

元祖韓流スターたちがさまざまな論議の中心に立っていた。

イ・ビョンホン、ペ・ヨンジュン、イ・ヨンエなどのドラマで1世代韓流に火をつけた元祖韓流スターたちは、さまざまな物議をまな板の上に上がった。
イ・ビョンホンは脅迫事件に巻き込まれて困難な時期を過ごしている。 ガールズグループグラムのデニスとモデル出身のAさんは去る6月、イ・ビョンホンと一緒にお酒を飲みながら汚い割ったシーンをスマートフォンで撮影したとし、8月に50億ウォンを与えることなく、映像をインターネットに流布するとイ・ビョンホンを脅迫した疑いを受けている。

しかし、モデルAさんが弁護人を介して「イ・ビョンホンと3ヶ月前から数回会ってきたイ・ビョンホンが8月ごろ「もっと会わやめよう」として心の傷を負って動画を利用して、偶発的に犯行を犯すされた」と主張してからながら事件は新たな局面を迎えた。

これに対してイ・ビョンホン側は「中型宣告を避けるために、意図的にイ・ビョンホンをキズ出そうとする自己防衛をしている」と、この種の主張を全面的に否定した。 イ・ビョンホンは去る23日、ソウル中央地検に召喚されて脅迫事件の被害者の身分で調査を受けたことが分かった。

イ・ヨンエは、肖像権の使用の問題で夫ジョンホヨウンが各種民事・刑事上の紛争に巻き込まれ論議に包まれた。

最近のメディアは「20億ウォンの投資金を受けて行った投資条件を適切に履行していないだけでなく、肖像権、肖像権、共同事業者との法的紛争を起こすなど、通常の事業はせず、投資だけ横取りした」とし、8月にソウル中央地検にイ・ヨンエの夫チョン氏に対する告訴状を提出した。

チョンさんはイ・ヨンエの肖像権関連事業を推進し、化粧品会社のM社とのビジネスマンOさんからも先月と非難された状態だ。

これに対してジョンホヨウンは自分の法律代理人である法務法人ダダムを介して「イ・ヨンエの肖像権を活用した事業を提案した事実がなく、投資20億円を傍受したり、私的に使用した事実もない」とし「噂とは異なり、株主の投資を通常の事業資金に使って先月から東京の最高級デパート伊勢丹に出店しており、近いうちに香港の高級百貨店レーン・クロフォード入店も計画している」と反論した。

ペ・ヨンジュンも23日、法的紛争に巻き込まれた事実が知られている。

ゴジェはペ・ヨンジュンが大株主であった「ゴリラライフウェイ」と呼ばれる飲食事業者と去る2009年日本での紅参製品の販売会社契約を締結したが、ペ氏側の欺罔行為に22億ウォンの損害を見たと主張してペ・ヨンジュンを訴えた。

ゴジェ側は「販売会社契約に基づいてゴリラライフウェイに市場調査などの名目で22億ウォンを支給したが、このお金が本来の目的に使用されていなかった」とペ・ヨンジュンを相手に告訴状を提出した理由を説明した。

これに対してペ・ヨンジュンの所属事務所キーイーストは「ゴジェの経営陣は、すでに法的にも横領背任行為を行い、法的処罰を受けた。またゴジェはゴリラライフウェイとの契約に違反した本人がものを定期的に販売する意志なし株価操作をすることを目的として契約をしたことがあまりにも明白に明らかになった状態」とし「このため、当時ペ・ヨンジュンも多くの被害を被った。事実ではなく、すべての部分につきましては、法的に強力に対応する」と強力に対応意志を明らかにした。

いつも降り注ぐファンたちの熱い関心と愛だけこれらをめぐる噂と紛争が絶えないのもスターの宿命である。 果たして韓流スターたちがどのような賢明な対処で紛争を解決して議論を終わらせるせるか成り行きが注目される。
【関連する記事】
posted by joon at 00:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。